悪徳な詐欺投資顧問の特徴とは

投資をする時に、投資顧問のサポートを受けているという方も多いでしょう。
確かに投資顧問に依頼することで、投資に関する様々なサポートが受けられ、一人で投資するよりも効率的に利回りを増やすことができるでしょう。

ただし、すべての投資顧問が優良な業者とは限りません。
株エヴァンジェリストなど数多くある投資顧問の中には詐欺投資顧問会社も存在するので注意が必要です。
悪徳業者に騙されてしまったという口コミもよくあるので、投資顧問会社を利用する際は、そういった業者に騙されないように、しっかり見極めることが大切です。

悪徳投資顧問業者を見分けるポイント

悪徳投資顧問業者を見分けるポイントについて投資顧問を選ぶ前に必ずチェックして、悪徳な業者の利用を避けましょう。

登録資格の有無

投資顧問として営業を始める場合は、投資顧問業者登録が必要になります。
登録資格を持たずに営業することは法律違反です。
そのため、どんなに利回りが高く手厚いサポートを行っている投資顧問であっても、資格を持っていなければすべて違法会社ということになります。
こういった業者は避けるようにしましょう。

虚偽の住所

悪徳業者の中には偽りの住所を書いている所も多いです。
ホームページを公開している投資顧問会社は、ページに住所を記載していることが多いですが、これが本当に存在する住所かどうか見ておきましょう。
住所を調べて存在しない住所だった場合や、全く違う建物だった場合は悪徳業者の可能性が高いです。

勧誘がしつこい

しっかりとした説明もなく、様々な銘柄をすすめてきたり、こちらが納得していないのに無理やり契約させようとする業者は、悪徳業者の可能性があります。
自分達の利益しか考えていない業者というのは、顧客が損しようが関係ないという考えを持っています。
そういった業者に依頼しても、よい結果は得られないでしょう。

問い合わせへの対応

問い合わせに対する対応が遅い業者にも注意が必要です。
相談したいのになかなか連絡がつかない、いくら待っても回答が返ってこない業者というのは信用性にかけます。
気になる投資顧問があったら、まずは問い合わせをしてみて対応の良し悪しを見てみましょう。

誇大広告を出している

悪徳業者の中には誇大広告を出している所も多いです。
普通では考えられないような利回りの設定がされている、確実に儲かると公言している、こういった業者には注意が必要です。
投資のプロとはいえ、確実に儲かる投資というものはありません。
誇大広告を出してとりあえず契約させるというのは悪徳業者がよく使う手口です。