株式投資の情報や助言を与えてくれる投資顧問は個人投資家にとって重要な存在です。投資顧問を選ぶにあたり、その良し悪しの情報があふれています。
株エヴァンジェリストについても多くの声が寄せられています。結論を先に述べると、株エヴァンジェリストは詐欺業者ではありません。信頼のおける投資顧問です。
今回は株エヴァンジェリストについて詐欺業者ではない実態と、なぜ嘘の情報が流れているのかについてご紹介します。

株エヴァンジェリストは評判の良い投資顧問

投資をサポートする人たち株エヴァンジェリストは、信頼のおける投資助言者陣と充実したコンテンツで個人投資家の投資をサポートしてくれます。
特徴的なのは旬なテーマ性を複数持つ、上値余地が見込める銘柄を取り扱うという点です。WEBサイトは、スタイリッシュでかつ見やすさとわかりやすさに配慮したデザインになっています。
金融商品取引法第37条に基づいて会社所在地や登録番号も表示されており、信用度は高いと言えるでしょう。
口コミサイトを調べてみると、利用者からは、「試しに利用した無料銘柄相談が非常に参考になった」、「無料の朝刊レポートや夕刊レポートの分析力が優れている」、「助言を受けた株が外れたがその後丁寧にフォローしてもらい、結果的に何とか持ち直した」などの口コミ投稿が多かったように見受けられました。
以上のような利用者からの好評意見の多さと、利用者に配慮をしたわかりやすいデザインのWEBサイト、説得力があって信頼のできるサポート体制から、株エヴァンジェリストは信用度の高い投資顧問であると言えます。

株エヴァンジェリストが詐欺という嘘の流入元は?

詐欺業者に疑問を持つ女性株エヴァンジェリストが詐欺業者であるという情報を流布しているのは、無登録業者のネガティブキャンペーンや短期間の利用で失敗した人が多いです。
最近は口コミサイトや投資顧問ランキングサイトを覗くと、通称無登録業者(違法サイト)へ誘導するために必死になって自作自演で株エヴァンジェリストを叩くといった行為がされているようです。他にも有名な投資顧問会社を叩いては、違法サイトへの勧誘を行っています。金融庁も警告書を無登録営業を行っている事業者に発令していますが、事業者は警告を受けるとすぐにサイト閉鎖をしてトンズラしてしまうのが現状のようです。
また、初めて株エヴァンジェリストを利用する人で勧められた銘柄を試してみたところ、次の週には値下がりしたという人も多いです。それも投資初心者というわけではなく、ある程度の投資経験のある人とみられます。
株投資は短期では失敗していても長期では成功することはよくあるため、短期間で失敗したからといってすぐに嘘である、詐欺であるということにはできません。
株はチャートを見れば一目瞭然、上がったり下がったりを繰り返します。少しでも下がったからといって感情的になり、嘘の情報を流してしまっているのではないでしょうか…
次に多いのが、投資初心者です。初心者は特に、短期間で成果が上がらないとすぐに投資顧問を見切ってしまうことが多くあります。
すでにお話したように、短期間の結果から投資顧問を詐欺業者であると結論づけることはできません。
さらに、初心者は投資経験がないため、どこにいくら投資すべきかの判断力を持っていないのが通常です。
だからといって、自分で情報収集をしたりセミナーに通って学んでみたりということをせずに投資顧問のアドバイスを鵜呑みにするというのは、投資家として無責任であるといえます。投資顧問会社はあくまでも「投資助言業者」であって、助言に過ぎません。実際に行う投資は自己責任なので、投資家自身もある程度の知識や方法を学ぶべきだと考えます。

投資顧問の助言はどこまで参考にするのが正解?

株投資について助言する男性株エヴァンジェリストの評判は、自作自演の無登録業者の叩きを抜きにすれば、好評の声が多いと言えそうで、詐欺業者であるという嘘の声は非常に少ないです。また、詐欺であると言っている場合でも短期間で投資顧問を詐欺業者であるということはできません。
また、投資をすることはあくまでも自己決定に基づいており、初心者だからと言って失敗したことを投資顧問の責任とすることはできません。そもそも株が少し下がったら詐欺と書き込むのは間違っていますよね。
株エヴァンジェリストを批判する情報に散見されたのが、勧められた銘柄にいきなり大金をつぎ込んだが失敗したというケースです。
このようなケースでは、株投資では失敗することもあるというリスクを全く考えていないことがまず指摘できます。
次に、一度失敗しても後で好転する可能性があるにも関わらず、失敗したことを即投資顧問の責任としており、投資家としての資質が疑われます。
そもそも、株投資をするか否か、いくら投資するかというのは、投資を行う本人の自己決定、自己責任の範囲です。投資顧問はあくまでも個人投資家の自己決定の参考となるような情報提供や助言を行っているにすぎません。
では、投資顧問からの助言はどの程度まで参考にするべきなのでしょうか。
投資顧問は、株式の専門家であることには違いありませんが、時には予測が外れてロスカットが生じることもあります。そのため、投資顧問から受ける情報は自分でも吟味して投資判断を行う必要性があります。
アドバイスを鵜呑みにするのではなく、自分の知識や積み上げてきた経験と照らし合わせて初めて、アドバイスを信頼して参考にするかどうかを決めましょう。株式投資で成功するには、「損失を小さく、利益を大きく」することなので、ご自身のトレード力も上げていけると良いですね!